好みに合ったドレスは通販サイトで見つけられる

増えている種類

披露宴とは変える

結婚式の披露宴で花嫁が着るドレスは華やかでボリュームのあるものが多くありますが、そのドレスとは雰囲気を変えて準備しておきたいのが花嫁の二次会ドレスです。
特に結婚式会場は広いスペースで作られているのでボリュームのあるタイプでも大丈夫ですが、二次会会場は基本的には小さめのスペースで開催されることが多いので二次会ドレスはシンプルなラインのものが良いでしょう。
花嫁はほとんどの場合白いウエディングドレスを着るので、二次会ドレスも白を貴重としたものを選ぶ花嫁は多くいます。
披露宴と同じ白でも、ドレスのデザインを変えることによって雰囲気を大きく変えることが可能で、ゲストにもその違いを楽しんでもらうことが可能です。
また、花嫁自身もシンプルな二次会ドレスを選ぶことによってより自由に動き回ることが可能になります。
二次会では友人が参加することが多いので、より友人と近い距離で花嫁も自由に楽しむことが可能です。

様々な種類がある

花嫁の二次会ドレスといっても今では様々な種類があり、白のドレスでもデザインがかなり豊富です。
特にシンプルなものでもスレンダーラインやエンパイアライン、マーメイドラインなど、細かくドレスのラインが分かれています。
スレンダーラインは、全体的にボリュームが無いデザインになっており、背が高くスタイルが良い人に人気があります。
このデザインを着る場合であれば、披露宴と化粧の雰囲気を変えるのも良いでしょう。
エンパイアラインの場合であれば、胸の下でドレスが切り替えられているので、マタニティの花嫁でも楽に着ることが可能です。
この場合身長や年齢問わず着ることができるので二次会用としては人気があります。
マーメイドラインはヒップラインが強調されるのでメリハリのある体型の花嫁に好まれます。